迷走コラム6:優しい魔法ー言葉で広がる人間の世界ー

言葉。それは息をするのと同じくらいに、人間にとって最もなくてはならないものの一つである。 私たちは言葉でモノを考え、言葉で他者と通じ合う。言葉に出来るものが全てとは思わないが、言葉がなければ、人間の世界はこんなに広がらな […]

続きを読む

迷走コラム4: アートアニメーションのすすめ

高校生時代、周りとの関わり方が下手くそだったせいか、毎日底知れぬ寂しさを抱くことが多かった。教室や部活での居場所がわからなくて、人間関係とかもよくわからなくて、化学の追試も全然わからなくて、とにかく迷いに迷った時期だった […]

続きを読む

ロリータさんにおすすめの本③寺山修司「少女詩集」

みなさんおはこんばんにちは。 今日は、ロリータさんに関わらず、性別関わらず全ての人に読んでもらいたい詩集をご紹介したいと思います。 それは、寺山修司の「少女詩集」です。 この詩集、私は林静一さんが表紙絵を描いたバージョン […]

続きを読む

迷走コラム3:双子のアリス―私と彼女を繋ぐ不思議の国―

「たましいの双子」という三原ミツカズ作の漫画がある。本当の双子だがお互いに比較されながら育ち、なかなかわかり合うことの出来ない者たちや、直接血は繋がっていないが、どこかで似通った所がある者同士。そんなソウルメイトのような […]

続きを読む

ヴィラン研究:サンリオの悪役キャラ「ルロロマニック」の魅力について語ってみた

みなさん、おはこんばんにちは。 今日は、アベイルで一個100円で値引きされていたルロロマニックの商品自慢と、彼らの魅力について語ろうと思います。 ルロロマニックとは、サンリオの大人気キャラクター「シナモロール」の敵キャラ […]

続きを読む

迷走コラム2:石と私

小学生の頃、石好きが高じて「石っこクラブ」というクラブを一時期作っていたことがあった。クラブといっても所詮小学生なので、学校のグラウンドで綺麗な石や変わった石を探し出し、「これどう?」と私に仲間が見せに来る、というだけの […]

続きを読む

迷走コラム1 :影というアイデンティティーもう1人の自分探しー

小学生の頃に遊んだ鬼ごっこ遊びで「影踏み」というものがある。木の影や人の影など、影しか踏まずに鬼ごっこをする遊びで、私はその謎のルールに従順に従い遊びに参加していた。 影は何故できるのだろう。小さな私はふと不思議に思うこ […]

続きを読む

100均戦利品記録(2023/02/06)セリアの”ウィリム・モリス”の新作マステ他

みなさんおはこんばんには! 今日は午前中にセリアさんに行ってきたので、戦利品などを紹介したいと思います! ウィリム・モリスの新作マスキングテープ どれもとってもかわいい!というか渋めの大人っぽい雰囲気が最高ですね。 &n […]

続きを読む